我慢するのは週2日!失敗しにくいゆる断食ダイエット

スパッと痩せてしまうのであれば、ファスティングダイエットに勝る方法はないでしょう。
ですが、いざファスティングダイエットを実践しようとしても、その空腹感から、準備期間にリタイアしてしまうことがあります。
それならば、ファスティングダイエットほど厳しいルールがなく、空腹感を我慢するのは週2日間という、ゆる断食ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。
意志が弱い方であっても、週2日の我慢!と割り切ってしまえば、空腹感に耐えることができる確率がグンと高くなるはずです。

ゆる断食ダイエットとは?ファスティングダイエットとはどう違う?

それではまず、ファスティングダイエットとはどのようなダイエット法なのか、ここで確認しておくことにしましょう。
ファスティングダイエットとは、1週間という期間内を「準備期間」、「断食」、「復食期間」に3分割し、少しずつ身体を慣らして断食、その後は復食期間でゆっくりと普通食に戻すという方法です。
こう聞いてしまうと、たったの1週間なら空腹感だって我慢できるのでは?と思うかもしれません。

ですが、実際にファスティングダイエットを実践してみると、いかにその1週間の空腹が辛いかよくわかります。
これが途中でリタイアする可能性が高くなる原因です。

また、ファスティングダイエットは長期間行うものではありませんので、短期間でいかに体重を落とすかという部分が大きなカギを握ります。
そして、ファスティングダイエットのいちばんの問題点は、我慢に我慢を重ねて食欲を抑えていたフラストレーションから、終了後にドカ食いしてリバウンドしやすいという点にあります。

では、ゆる断食ダイエットではどうなのでしょうか?
ゆる断食ダイエットもまた1週間単位で行うダイエットですが、食欲を我慢するのは1週間のうち2日間だけです。
さらに、1週間のうちご自身の都合が良い曜日に断食するという方法ですので、ファスティングダイエットよりもはるかに実践しやすいというメリットがあります。
また、ファスティングダイエットでは断食日に固形食を食べることができませんが、ゆる断食ダイエットでは断食日であっても固形食を食べることができるという違いがあります。

ゆる断食ダイエットを実践してみよう!

ゆる断食ダイエットは、イギリスの医師であるマイケル・モズリー博士が考案したダイエット法で、週7日間のうちの2日間だけ、摂取カロリーを500キロカロリーに抑えるだけという画期的な方法です。
それでは、ゆる断食ダイエットの実践方法や注意点についてご紹介しましょう。

まず、開始前にはご自身のBMI指数を計算しておきます。
BMIは、体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m)で求めることができます。

ゆる断食ダイエットの実践方法

1.1週間のどこに断食の日を入れるのか決めておく(中1日は確実に空け、連続して行わない)
2.決めた日に断食を実践する
たったこれだけですが、ゆる断食ダイエットにはいくつかの注意点もありますので、実践前には以下でご紹介する注意点について、頭に入れておきましょう。

ゆる断食ダイエットの注意点

1.断食を行う日は、朝晩2食を摂取することができますが、2食の合計カロリーは500キロカロリーを超えないように注意する
ゆる断食は食事内容の制限が少ないダイエット法ではありますが、血糖値が急上昇しやすい炭水化物の摂取は極力控えましょう。

2.断食を行う前日には、カロリー計算をした断食用の食品を用意しておく
これにより、「明日は断食だから食べられない」という恐怖心やプレッシャーを緩和することができます。

3.断食当日の食事の間隔は、できる限り12時間以上空ける
ゆる断食ダイエットは、食事と食事の間隔が長いほど効果が現れやすいと考えられています。

4.断食当日に空腹感を感じたら、そのときにすぐ食べてしまうのではなく、10~15分程度食欲をがまんして待つ
個人差はありますが、これによって食欲が薄れることが多いとされています。

5.断食日以外の日に暴飲暴食しないように注意する
断食をするという安心感があると食べ過ぎてしまうことがあるかもしれません。ですが、食べ過ぎた食品のカロリーは余剰分として体内に蓄積される可能性が考えられますので、断食以外の日には暴飲暴食を避けましょう。

6.断食日にはこまめに水分補給する
スムーズな水分代謝には適度な水分が必要です。また、断食中には食品から摂る水分量が減りますので、お茶や水などでこまめに水分を補給する必要があります。

7.急激な体重の変化を期待しない
ゆる断食ダイエットは、急激な大幅減量を目指すダイエット法ではありません。そのため、体重の変化に対して期待しすぎると、失敗する可能性が広がります。

8.妊娠中の方はNG
妊娠中には赤ちゃんに送り届ける栄養分が必要になりますので、ゆる断食ダイエットは避けましょう。

ゆる断食ダイエットは、特定の決まりごとさえしっかりと守れれば継続して行っても問題はありません。
ただし、断食日に何も食べない、断食日以外の日も極端な食事制限をするなどの無茶をすれば、健康を害するリスクが高まります。
ゆる断食ダイエットを実践する際には、今回ご紹介した注意点を頭に入れた上で、安全に行うことを心がけましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る